廣田デザイン事務所

廣田デザイン事務所


淡路島の別荘
兵庫県淡路市
2009年
敷地は最も身近な離島と言われる淡路島の西海岸に位置し、目の前に広がる海は瀬戸内海東部の海域「播磨灘」で日本夕陽百選に選ばれている。そんな敷地に建築面積9坪の建物と屋外のリビングとしてのテラスを設けた。建物内部は必要最低限の設備を備えたワンルームとしている。これは食材の豊富な場所だからこそテラスでシンプルな料理を楽しみ、限られた時間を過ごす場所での掃除などわずらわしい手間を省く目的で考えた。室内から手が届きそうなぐらい身近に海を感じ、よく晴れた日には夕陽が朱をさし「西方浄土」という言葉を思い浮かばせるこの場所は自然の持つ力と美しさを再認識させてくれる。